前へ次へ
やまだ紫の少女

男が思春期になり、女性を意識して、年を重ね、ますます女性への執着を強め、そして「少女」へも興味が行ったりするのとはまるで違うルートで、まさに女の子として生まれ、女の子として育った女性作家が女の子だった頃を思い出しながら描いたのが、例えばやまだ紫の世界だ。