前へ次へ
真崎守の少女

彼女の描く細々とした少女時代のエピソードは、男のぼくとしては忘れてはいたが、思い当たる微かな感情の機微だった。
それの先駆が矢代まさこだ。

そして、樹村みのりになっていく。
これらを読んで、彼女らの胸の内のつぶやきを耳をすまして聞いて、少女性を生き直し、女性的な芽を我が感性の中に育んできたといえる。
ぼくにとっての少女漫画とか女性コミックはそういうものであり、女性作家の描く漫画を好んで読むのは、自分の中に「女性」性を取り込む作業に他ならない。
どんな無骨な男性作家であろうと、作家である以上、女性の気持ちも分からないと駄目だなどといった素朴さ以上に、創作する上で女性にもなれるというのは創作の醍醐味なのだ。
あの永島慎二も「あにいもうと」という掌編では、何ともしっとりとした女性のつぶやきを作品化していた。(それもかなり大胆な紙面構成で)

永島慎二の少女